NEWSヘッダのalt

Information & School Days

中高大連携行事 歴史体験バスツアーを開催

2022.1.13

中高

イベント

大学の創立50周年を記念してはじまった中高大連携の文化系行事のバスツアーも今年度で8回目を迎えました。12月12日(土)、京都産業大学の郷土史研究会および京都産業大学附属中学・高等学校の歴史部、京都産業大学文化学部進学予定者の約30名が昨年に引き続いてむすびわざ館、上賀茂神社、社家町、大田神社を見学しました。午前はむすびわざ館で上賀茂神社に関する動画鑑賞。午後は上賀茂神社、社家町、大田神社を訪れ、大学生を中心にグループに分かれフィールドワークを行ないました。また、今年度は上賀茂神社で神職の方から神社の参拝方法を教えていただき、本殿に正式参拝も行いました。
上賀茂神社のDVDを鑑賞していて、率直に思ったのが上賀茂神社の行事の多さです。私は上賀茂神社のすぐ近くに住んでおり、何度か行ったことがあるのですが有名な葵祭しか知らなかったので驚きました。特に印象に残っているのが、5月5日に葵祭の前儀としておこなわれている競馬会神事です。上賀茂神社でこのような迫力にある行事が行われていることに驚きました。(高校生)
上賀茂神社の名前は聞いたことあるけれど行ったことはありませんでした。実際に行ってみると思っていたよりも大きくてたくさんの人が訪れていました。大学生の人に案内してもらってびっくりしたのは神社の中に小さな神社があったことです。どうしてそうなったのか少し不思議だなと思いました。神職の方にも神社の中を案内してもらって上賀茂神社の歴史などを詳しく教えてもらいました。普通では入ることができないようなところに入ってお祓いをしてもらったり、神社の正しいお参りの仕方を教えていただいたりと、家族や友だちとのお参りでは経験することができないようなことをたくさんすることができてよかったです。(高校生)
大学生の交流によって去年知らなかった、屋根の部分や本殿と権殿の違いを丁寧に解説してくれたので、とてもいい経験になった。また、分からないことを大学生に聞くことが出来たのでとても良かった。来年もバスツアーをやって欲しいと思った。(中学生)