NEWSヘッダのalt

Information & School Days

中高大連携行事 歴史体験バスツアーを開催

2021.3.5

中高

イベント

大学の創立50周年を記念してはじまった中高大連携の文化系行事のバスツアーも今年度で7回目を迎えました。12月20日(日)、京都産業大学の郷土史研究会および京都産業大学附属中学・高等学校の歴史部、京都産業大学文化学部進学予定者の約40名がむすびわざ館、上賀茂神社、社家町、大田神社を見学しました。午前はむすびわざ館で企画展「新嘗祭と歳旦祭」のギャラリートークと上賀茂神社の動画鑑賞。午後は上賀茂神社、社家町、大田神社を訪れ、5グループに分かれ大学生による案内が行なわれました。

最初は中学生、高校生、大学生とあわせてバスツアーを行なうと聞いて少し不安もあったけど、だんだんしゃべれるようになって良かったです。上賀茂神社や大田神社では大学生が説明してくれました。(中学生H)

(むすびわざ館ギャラリーの展示では)白酒、黒酒の2つの展示が印象に残り、こういう酒が上賀茂神社の境内で製造されていたということに大変驚きました。今では酒造会社で作ってから神社に奉納されているのですごく感慨深いです。(高校生O)

上賀茂神社の1年の行事や儀式の流れを初めて知って、毎月1つ1つの物事に丁寧に取り組まれていて、伝統が引き継がれていることがとても良いことだなと思いました。また、葵祭は上賀茂神社の中心的な行事なので見てみたいと思いました。(高校生K)

企画展鑑賞(むすびわざ館ギャラリー)

集合写真(上賀茂神社鳥居前)

ガイド役の大学生と本校生(上賀茂神社)