授業内容

授業内容

井原慶人さん

京都大学 法学部

社会で一個人として生きるための術はほとんどこの学校で身につけることができた。

中学時代は陸上競技部に所属していました。小学校時代は運動があまり得意ではなく、全く自信がなかったのですが、コツコツ努力した甲斐もあり、三段跳びで近畿大会に出場することができました。この経験が、後に「夢のような存在の京大でも努力すれば受かるかも」という自信につながり、受験へのモチベーションになりました。京産大附属の先生方の授業は、非常に熱意が伝わってくるような内容で、時にはユーモア溢れるお話も聞くことができ
、授業で退屈に感じることはあまりありませんでした。厳しい指導だと感じ
ることもありましたが、それもやさしさの裏返しなのだと、今ではそう思い
ます。社会で一個人として生きるための術はほとんどこの学校で身につける
ことができたように感じます。